最上義光歴史館/特設展示/第二部 「鐵[kurogane]の美2022」

最上義光歴史館
特設展示/第二部 「鐵[kurogane]の美2022」
■名称
特設展示/第二部
「鐵[kurogane]の美2022」 
〜 郷土刀 ― 新々刀の名工と現代の匠 〜 

■会期
令和4年7月6日(水)〜同年10月10日(月/祝) 

■内 容
新々刀の名工のうち本県ゆかりの水心子正秀と庄司直胤、斎藤清人、正秀の門人池田一秀、そして現代の匠上林恒平氏と弟子の盒狭姥兄瓩虜酩覆鯏玄┐靴討い泙后


■展示資料
短刀 銘 水心子正秀/八月日
刀 銘 水心子正秀/寛政三年八月日
脇指 銘 (三日月)大慶直胤作/文化二年八月日
薙刀 銘 荘司美濃介藤原直胤(花押)/嘉永二年二月日(刻印)(宮)
脇指 銘 一秀/文化十二二月日
脇指 銘 清人/元治元年二月日
大刀 銘 恒平以伊勢神宮御神宝余鉄/昭和甲子年秋
脇指 銘 恒平彫同作/平成十六年三月日
刀 銘 長谷堂住恒平作/平成二十一年三月吉日/山形ライオンズクラブ五十周年記念
太刀 銘 於長谷堂恒厳作/平成十八年三月日

※特別展示 
1.上林恒平作「刀のできるまで」公開中
2.「絹本著色 水心子正秀像(文化九年 相馬崇彦筆)」8月21日まで特別公開


2022/07/06 09:00 (C) 最上義光歴史館