最上義光歴史館/霞城公園

最上義光歴史館
霞城公園


霞城公園(かじょうこうえん)は、山形市の市街地の中心に突然に現れる一辺500mもある広大な緑地公園です。いまから約650年前に斯波兼頼(しばかねより)が築城し、約400年前に最上義光(もがみよしあき)が改修した山形城の二の丸の濠(ほり)と石垣などの遺構を中心とした範囲を公園としたものです。人工衛星からの画像でも、その輪郭がはっきりとわかる山形市のシンボル的な構造物です。春には山形市でも屈指の桜の名所として大勢の人々で賑わいます。現在、国の史跡として本丸の発掘調査が進められ、2006年の春には本丸一文字門の橋(写真)が複原されました。

2006/07/26 01:35 (C) 最上義光歴史館
キーワード検索
2018年11月




123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930


members login
powered by samidare
system:community media