最上義光歴史館/軍旗(伝直江軍部隊旗)

最上義光歴史館
軍旗(伝直江軍部隊旗)(ぐんき)
最上家に代々伝わった軍旗ですが、最上家の旗印ではありません。

慶長5年(1600)の慶長出羽合戦(長谷堂合戦)のときに、当時最強と恐れられた上杉軍の直江兼続の部隊と戦い、上山口の戦いで勝利した際、戦利品として持ち帰ったものです。

図柄は白地に墨で一羽の雁を描いた斬新なもので、大変モダンなデザインです。
2006/06/25 19:20 (C) 最上義光歴史館