最上義光歴史館/歴史館ブログ【棗の記】66 「御手杵をもとめて群馬へ!」

最上義光歴史館
歴史館ブログ【棗の記】66 「御手杵をもとめて群馬へ!」
お待たせしました!
伝説の名槍御手杵の復元プロジェクトの最新情報です!!
今回も毎度おなじみ木村社長がたくさんの情報をもってきてくださいました。

木村☆社長
↓↓↓

今回もありがとうございます♪

木村社長、このたび群馬県前橋市の富士見町に行ってきたとのこと。
名峰 赤城山で有名なこの町には、高橋恒厳刀工の作業場、
恒厳鍛刀場があるんです!
なんと!!木村社長はこのたび、この恒厳鍛刀場に行って御手杵の進捗状況を見てきてくださったこと!すごい!!
その行動力と情熱にびっくりです!!(*△*)

ちなみに御手杵の今までの経過を忘れちゃったかたはこちらをご覧ください。
過去の記事です↓(^^)
歴史館ブログ39 「伝説の名刀・名槍現代へ!」
歴史館ブログ40 「刀鍛冶の作業場に潜入!」
歴史館ブログ42 「御手杵の槍の進行状況速報!」
歴史館ブログ45 「完成まで着々!御手杵の槍!」

ちなみに高橋恒厳刀工は日本美術刀剣保存協会が主催している
新作名刀展にて今年平成29年度は、努力賞を受賞しています!
すごーいですね!


こちらが高橋恒厳刀工の鍛刀場(^^)
職人さんの作業場って感じですね〜。すごい(^^)


前回12月のブログの時点では焼き入れ(やきいれ)という鋼の強度を上げる作業が行われました。

さて、今回は…?
次回に続きます(^^)

2017/05/24 15:20 (C) 最上義光歴史館
人気の記事 Best 3
キーワード検索
2018年05月


12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031


members login
powered by samidare
system:community media