最上義光歴史館/『歴史館だより No.23』

最上義光歴史館
『歴史館だより No.23』
『歴史館だより No.23』

古河藩土井家における鮭延越前とその家来達について
執筆:早川和見 (古河郷土史研究会会員/山形県地域史研究協議会会員)  

義光はなぜ「虎将」と呼ばれてきたのか 
執筆:胡 偉権 (歴史家/一橋大学経済学研究科博士後期課程在籍生)

最上義光歴史館サポーター「義光会だより」6

Yamagata三昧 はじめのJ癲 屬發Π譴弔了鎧」
執筆:リサ・ソマーズ (翻訳者・通訳/山形市在住)

研究余滴「山形城の立地」  
執筆:長谷勘三郎

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
平成27年度事業 (一覧) /事業スナップ
平成28年度事業 (一覧)


※「歴史館だより」は無料で配布しております。ご希望の方はご来館のときに受付にお申し出ください。
※遠方でご希望の方は、郵便番号、住所、氏名、TELと「館だよりNo.23 (  )部希望」を明記のうえ希望部数にあわせた金額の切手を同封して最上義光歴史館までご送付ください。

【送料】
1〜2部  切手140円
3部    切手205円
4〜6部  切手250円
※7部以上の場合は電話にてご相談ください。

【送付先】
〒990-0046
山形市大手町1-53
最上義光歴史館

【お問合せ】
TEL 023-625-7101
FAX 023-625-7102

ダウンロード(ファイル/2.37MB) >>こちら  
※[ダウンロード]してプリントアウト(A4サイズ)することができます。
※ PDFのダウンロード>>こちら


2016/06/14 15:10 (C) 最上義光歴史館