最上義光歴史館/企画展「第2回 市民の宝モノ2010」はじまりました!!

最上義光歴史館
企画展「第2回 市民の宝モノ2010」はじまりました!!
さあさあお立会い!!今年も山形市民の「宝モノ」を紹介します!!
この展覧会は、山形市民を対象に、所蔵する「宝モノ」を募集して、歴史館の展示室に展示し、広く一般に公開する市民参加型の展覧会として企画しました。
自薦他薦を問わず、また、洋の東西・時代・評価額・文化財としての価値なども一切問わず、山形市民の自慢の「宝モノ」を幅広く募集し展示紹介しています。
大変珍しい「宝モノ」からおもしろいエピソードがある「宝モノ」などなど…楽しい展示になっています。

1.主  催  
財団法人山形市文化振興事業団

2.共  催
山形市

3.会  期
平成22年1月13日(水)〜平成22年4月11日(日) 
   
4.会 場
最上義光歴史館 (山形市大手町1-53) 第一展示室北側展示ケース

5.開館時間
午前9時から午後4時30分まで 

6.入 館 料
無 料

7.出品中の「宝モノ」の応募規定
(1)応募資格 
山形市在住の者
(2)募集する「宝モノ」の条件 
・「宝モノ」として誇れるもの(自薦他薦は問いません)
・出品者の所有であるもの
・原則として出品者本人が製作した作品でないもの
・展示期間中に変質しないもの(生物や食物などは不可)
・展示中破損の恐れがないもの
・最上義光歴史館に展示可能な大きさのもの

8.現在出品中の「宝モノ」
「黒人の人形」
「『虎』王全力」
「山鳥ハクセー」
「芭蕉の『古池や…』の句の拓本」
「オールドノリタケ ドラゴン盛り上げ」
「色絵 孔子弾琴図三足鉢(古鍋島)」
「色絵 薄瑠璃桃図大鉢(元禄時代)」
「細川ガラシャ夫人 辞世の歌の拓本」
「武者人形」
「蒔絵の重箱」
「与謝蕪村の墓の拓本」
「斎藤茂吉に師事した杉浦翠子」
「プリザーブドフラワー」
「江戸時代の古銭及び明治時代の銀貨など数点」
「十王図掛け軸(三幅)」
「能面(翁) 初代野川陽山」
「能面(荒鷲) 初代野川陽山」
「古書」
「古裂(七福神)」
「錦絵(浮世絵) 渓斎英泉」   
「大判錦絵(浮世絵)八世森田勘弥の駕籠舁鶯の治郎作」
「天工開物」
「愼思録」
「安政見聞誌」
「『雨鳥図』郷目貞繁作」
「昭和期のソフビ人形など」
「ザンボット3」
「畑に田に打出の鍬」
「グローブ」
「噛みつかれた顔役写真アルバム(写真25枚付)」
「掛軸『魚眼射波紅』」
「サインボール」
「巨人軍選手のサイン色紙」
※宝モノの名称は出品者によります。



2010/01/19 15:10 (C) 最上義光歴史館